医療法人 湘悠会 むらかみ眼科クリニック
 
医療法人 湘悠会 むらかみ眼科クリニック
院長 医学博士 村上 茂樹 ごあいさつ
ご案内
白内障
白内障手術のご案内
極少切開法白内障手術 (MICS法)
むらかみ眼科ニュース
村上院長 エッセイ
最新機器のご紹介
緑内障の最新画像解析
緑内障のための新しい補助治療
レーザー緑内障治療
糖尿病性網膜症
眼底出血 (網膜静脈分枝閉塞症)
加齢黄斑変性
飛蚊症・光視症の全て
レーザー光凝固治療
硝子体及び白内障同時手術
眼瞼下垂症
眼瞼腫瘍
翼状片
眼のアンチエイジング
ドライアイ
ドライアイの新しい予防法
ドライアイ トピックス
眼のアレルギー
瞼裂斑
近視の対処法
斜視・弱視
ぶどう膜炎
中心性網脈絡膜症
網膜色素変性症
麦粒腫
結膜下出血
流行性角結膜炎
眼瞼ケイレン
先天性鼻涙管閉塞症
求人専用コーナー
むらかみ眼科クリニック

 当院では眼科診療に際して、常に患者様の立場でお話を伺い、患者様のことを第一に考えて診療致しております。
そして眼科学の基本に基づいて精密な検査をし、その原因を追究して、最良の治療に努めております。
手術面におきましても、現在、世界最小でわずか2ミリからの「極小切開(ごくしょうせっかい)法」(MICS法)と最高品質の眼内レンズによる白内障手術に併せ、緑内障の同時手術や眼瞼下垂手術、さらに乱視の矯正手術等も実施し、ご高年の患者様のための通院送迎サービスもご好評を頂いております。
 多くの患者様の大切な眼を護り、健やかな視生活の向上に寄与させて頂くため、最新かつ最良の眼科医療の実践に努めております。どうぞお気軽にご相談ください。

1959年(昭和34年)山口県萩市生まれ。医学博士。
 ・順天堂大学客員教授。
 ・日本眼科学会認定専門医
 ・日本東洋医学会認定漢方専門医
 ・日本抗加齢医学会認定専門医。
 日本の眼科病院として、最も権威ある東京・井上眼科病院の医局長時代には、秋篠宮紀子様や長寿のきんさん、ぎんさんなど多くの著名人の診療も担当。
 医局長時代の1993年(平成5年)、世界初となる地域レベルでの寝たきり及び要介護老人の眼科的調査を遂行し、医学博士号を授受。
 その後、西日本病院(熊本市)眼科部長を経て、1996年(平成8年)7月、宇土市の現在地に当院を開業。さらに、1998年(平成10年)4月、医療法人「湘悠会」を設立し、院長兼理事長に就任。
 2005年(平成17年)、眼科医として史上初の日本医学会専門医認定3冠(眼科学・東洋医学・抗加齢医学)を授受。
 2007年(平成19年)より、順天堂大学客員准教授にも就任、スポーツ健康医学の眼科部門でのフロンティア研究も進め、海外学術医学雑誌や日本眼科学会及び日本臨床眼科学会及び日本眼科手術学会などの日本の医学会機関誌などに24編もの学術論文を発表。
 これらの研究業績が高く評価され、2012年(平成24年)より順天堂大学客員教授に就任し、さらに、日々の診療・手術の研鑚と研究を進めている。
 特に、紫外線と共に有害光である「ブルーライト」(青紫色光)から眼を護るためのアイテムについての世界初の新知見を英語学術論文で発表。
 さらに、「ブルーライト」についての詳細な解説が毎日新聞の全国版で報道され、ソフトバンクBB社のホームページにも絶賛掲載中。
(http://www.softbankselection.jp/onlineshop/campaign/bluelight/)
 著書に、『眼のアイチェイジング@「白内障・加齢黄斑変性」』『眼のアイチェイジングA「眼とカラダの処方箋」』(共に熊本日日新聞社)「眼の成人病」(日本プランニングセンター社)「眼科病院システムと診療のコツ」(メディカルビュー社)などがある。
 また、学生時代より、陸上競技の長距離で、恩師・澤木啓祐教授(日本陸連副会長)に師事し、医学生として初めて「箱根駅伝」合宿に2度参加を許され、日本医師会健康スポーツ医にも認定。
 特に、その解りやすい解説及び堅実な医療と眼科手術が身上で、日本眼科学会等での学術講演や論文多数。豊富な症例経験と優れた手術実績に加え、熱意ある診療を行っている。

【近況】

現在も、患者様に気持ち良く笑顔で診療させて頂ける様、朝日を浴びながら毎朝3km、夕刻には夕日や月と星座を眺めながら6kmのジョギングを続けています。そして、眼と体の健康を考え、毎日21種類以上の野菜をしっかり摂取し、さらに、朝の診療前にバッハの曲で瞑想し、夜は運動後に半身浴を取り入れて、日々の体調管理に努めています。


むらかみ眼科クリニック スタッフ